【FX初心者必見】取引時間のライフスタイルを確立せよ!ストレスフリーで勝率UP

【PR】この記事には広告を含む場合があります。
  • FX取引は何時から何時までできますか?
  • FX取引のおすすめ時間はありますか?
  • 自分が取引できる時間帯が稼げる時間帯かどうか、知りたい。
  • 仕事が終わってからでも取引できる時間帯は稼げる時間帯?
  • FX取引で休場日にポジションを持ち越す際の注意点はありますか?

FXは全世界で行われています。取引をする時間によって為替相場の動きがかなり異なってきます。

何も知らないFX初心者が為替相場の波に呑まれて大金を失うことも珍しくありません。

当ブログの管理人

忙しいサラリーマン生活を豊かにしたいという思いからFX自動売買を開始。
月3万円の収入を目指し、FX自動売買歴初心者が現在進行形で実施中。
日々勉強しながら、着実にFX自動売買で勝っていく方法をブログでまとめている。

たつ

これからFXを始めたい方や取引時間の最適化を見つけるために、この記事では「FX取引時間」の重要性とその活用方法について詳しく解説しています。取引市場の基本から通貨ペアの関連性、さらには取引戦略まで、FX取引時間の全てを解説していきます。

この記事を読めば、FX取引の時間帯を理解でき、FXのリスクだけでなく、自分にとってやりやすい取引時間を見つけられるようになるはずです

限られた時間の中で、効率的にFX取引で利益を出すために、有利・不利な時間帯を見つけ、リスクの高い所では取引をしないようにしましょう。

はじめ
はじめ

FXの取引時間を詳しく知ることで、自分の生活範囲でFX取引を効率良く稼ぐことができるような知識を身に着けてください!

目次

FX取引時間の基本とその重要性

FXの取引ができる時間帯はいつ?

24時間取引ができる
FXは、世界中の金融市場が連動して動いているため、基本的には24時間取引ができます。特に、これは、オセアニア市場のオープンから始まり、アジア、ヨーロッパ、アメリカの市場が順番に開くためです。
ただし、取引時間は地域によって異なり、メジャーなFX市場が開いている時間帯によっては、取引の活発さや流動性が変わります
日本時間では、おおよそ月曜の朝6:00から土曜日の朝6:00までが主な取引時間となります。
なな
なな

メジャーな市場は、「日本・ヨーロッパ(ロンドン市場)・アメリカ(ニューヨーク市場)」となり、オセアニアなどと比べてお金の流通量が多く、相場の変動が激しいよ。

メジャー市場の取引時間

メジャーなFX市場のオープン時間は次の通りです。

オセアニア市場(シドニー市場)
日本時間の朝7時頃オープン
日本時間のお昼3時頃クローズ
オーストラリアやニュージーランドの経済状況や製作発表などが市場に影響を与える。
日本市場(東京市場)
日本時間の朝7時頃オープン
日本時間の夕方6時頃クローズ
アジア圏の経済状況に大きく影響される。
アジア時間帯の取引の中心地
活発な通貨ペア:USD/JPY, EUR/JPY, GBP/JPY
ヨーロッパ市場(ロンドン市場)
日本時間の夕方4時頃オープン
日本時間の深夜1時頃クローズ
ヨーロッパ圏の経済状況や政策発表などが市場に影響を与える。
特徴:ヨーロッパ時間帯の取引の中心地
活発な通貨ペア:EUR/USD, GBP/USD, EUR/CHF
アメリカ市場(ニューヨーク市場)
日本時間の夜9時頃オープン
日本時間の翌朝6時頃クローズ
アメリカの経済指標や政策などが市場に大きな影響を与える。
アメリカの時間帯の取引の中心地
活発な通貨ペア:USD/CHF, USD/CAD, EUR/USD
1時2時3時4時5時6時7時8時9時10時11時12時13時14時15時16時17時18時19時20時21時22時23時0時
東京市場            
ロンドン市場          
ニューヨーク市場          
Ruizi54(たっちん)
Ruizi54(たっちん)

市場のオープン時間には、特に為替レートの変動が活発になることが多いため、注意が必要です。日本では月曜日午前6時~土曜日午前6時 (日本時間)の間でFXの取引が可能です。

FX取引時間が重要な理由

FX市場の取引時間を理解することは、効果的な取引戦略を立てる上で重要です。

市場の活発さ
市場がオープンする時間帯は、特に通貨ペアの動きが大きくなることが多く、チャンスとリスクが共存します。
メジャー市場が開いている時間帯は、取引量が増加し、それに伴い通貨ペアの価格変動も活発になります。この時間帯に取引することで、大きな利益を得るチャンスがあります。一方でリスクも高くなります。
経済ニュースとイベント
重要な経済ニュースや政治的なイベントが発表される時間帯には、市場は特に敏感に反応します。
これらのイベントを把握し、取引戦略を立てることが重要です。
時差の利用
世界中の市場が異なる時間帯に開くため、自分の地域の時間に合わせて、最も活発な市場で取引することが可能です。

FX取引時間は、投資家にとって以下の点で重要です。

ライフスタイルに合わせた取引が可能

サラリーマンや主婦など、忙しい方でも自分のライフスタイルに合わせて取引することができます。

  • 朝型の人は東京市場が開いている時間に取引が向いている。
  • 夜型の人はニューヨーク市場が開いている時間に取引が向いている。
  • 昼間に時間が取れない人はロンドン市場が開いている時間に取引が向いている。
精神的な負担を軽減できる

自分のペースで取引できる時間帯を選ぶことで、精神的な負担を軽減できます。
経験が少ないうちは、流動性が高く、情報収集しやすい時間帯に取引することが大切です。

たつ
たつ

取引時間によって通貨ペアの動きが大きくかわるので、取引時間を理解しておくことは大切だね。

FX取引時間と通貨ペアの関係性はあるのか?

FX取引において、通貨ペアはそれぞれの市場に敏感に反応します。

例えば、、、

USD/JPYやEUR/JPYなどの円ペアは、東京市場の取引時間に活発に動くことが多いです。

一方、EUR/USDやGBP/USDなどのユーロやポンドのペアは、ヨーロッパ市場の時間帯に大きな動きを見せる傾向があります。

市場の時間帯ごとに通貨ペアの特性を理解し、取引戦略に活かし、効果的な取引を行うことで、FX市場における成功への道を切り開くことができます。 FX取引時間と通貨ペアの関係性は密接に結びついており、各市場のオープン時間と地域経済の状況によって、特定の通貨ペアが大きく動く場合があります。

メジャー通貨ペアと取引時間の関連性について

FX市場は、主にアジア、ヨーロッパ、アメリカの三つのメジャーFX市場に分かれており、それぞれの市場が開いている時間帯によって、特定の通貨ペアの活動が活発になります。

東京市場(朝7時~夕方6時):アジア
JPY(日本円)やAUD(オーストラリアドル)など、アジア圏の通貨ペアが活発に取引される。
日本経済指標発表や米国経済指標発表の影響を受けやすい。
例:USD/JPY、GBP/JPY、EUR/JPY、AUD/JPY など
ロンドン市場(夕方4時~深夜1時):ヨーロッパ
EUR(ユーロ)、GBP(英ポンド)などヨーロッパの通貨ペアが中心に動く。
欧州経済指標発表の影響を受けやすく、活発な取引が行われる。
例:EUR/USD、EUR/JPY など
ニューヨーク市場(夜9時~翌朝6時):アメリカ
USD(アメリカドル)を中心に、さまざまな通貨ペアの取引が盛んに行われる。
米国経済指標発表の影響を受けやすく、活発な取引が行われる。
例:USD/JPY、EUR/USD、GBP/USD など
はじめ
はじめ

通貨は各時間でかぶっているいますが、おおよそ活発な基本的な時間は決まってきます。

また、流動性の高低によってスプレッドが広くなったり、狭くなったりする傾向があります。スプレッドが広がると取引に悪い影響がでます

スプレッドが狭い
流動性が高い時間帯。
有利な価格で取引できますが、価格変動が活発になるため、リスクも高くなる傾向。
スプレッドが広がる
流動性が低い時間帯で生じることが多い。
東京市場の朝早くに生じることが多い。
不利な価格で取引される可能性がある。
価格変動が鈍くなるため、リスクは低くなる。
ポイント:スプレッド

売り注文と買い注文の現在の価格差。FXではpipsで表すことが多い。

pipsはFXの通貨単位。

例えば、USD/JPY、GBP/JPYなど円がベースの場合、1pips=0.01円となる。また、GBP/USD、EUR/USDなどドルベースの場合、1pips=0.0001ドルとなる。

ドル、円で変動幅を計算すると大変などで共通の言葉としてpipsを取り入れている。

pipsはFXでは常識なのでぜひ覚えておいてください

メジャー市場のオープン時間によって活発に価格が変動する通貨が変わってきます。また、スプレッドは流通量が多いメジャー市場の方が安定します。ただし、市場のオープン前やクリスマスなど流通量が少ない時間帯はスプレッドが広がるため、稼ぎにくくなる傾向があります。

取引時間と通貨ペアのボラティリティ

取引時間によって、通貨ペアのボラティリティも変わります

ポイント

ボラティリティ = 価格変動の激しさ

「ボラ」と呼ばれることが多い。

例えば、ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる時間帯は、市場参加者がいっきに増え、流動性が高まるため、多くの通貨ペアで価格変動が激しくなります。EUR/USDやGBP/USDなどのメジャーペアの取引機会が特に多くなります。

なな
なな

ボラティリティが大きい時間帯は、取引時に得られる価格が増えますが、同時に得られる価格が大きく減るリスクも高まるため注意が必要よ!特にGBPのボラが高いことが有名なの。

特に、東京市場よりロンドン市場、ニューヨーク市場の方がボラティリティは高くなる傾向があります。

通貨ペア別ボラティリティの高低について
  • USD/JPY:比較的ボラティリティが低い通貨ペア。
  • EUR/USD:USD/JPYよりもボラティリティが高い通貨ペア。
  • 南アフリカランド円(ZAR/JPY)やトルコリラ円(TRY/JPY)など:ボラティリティが非常に高い通貨ペア。

南アフリカランド円(ZAR/JPY)やトルコリラ円(TRY/JPY)などは、メジャー通貨と比べると流動性が低く、ボラティリティが高くなる傾向にあります。

取引時間と通貨ペアによってボラティリティが異なるため、自分のリスク許容度に合わせて取引時間と通貨ペアを選択することが重要です。

24時間取引市場のメリットとリスク

24時間取引のメリットとリスクを理解し、適切なFX取引戦略を立てることが、成功のためには重要です。

はじめ
はじめ

FXは24時間取引が可能なため、世界中の市場の動きに合わせて、日本からでもさまざまなタイミングで取引ができます。これは大きなメリットですが、一方で市場が常に動いているため、リスク管理が難しくなります。特に、取引時間の移り変わるタイミングや経済イベントやニュースには常に注意を払う必要があります。

24時間取引のメリット

取引の柔軟性
任意の時間に取引ができので、昼間に仕事を持つ人にとっては自分のタイミングで取引ができる。
機会の増加
FX市場が常に開いているため、経済指標の発表や重要な政治的イベントにすぐに反応して取引ができます

ライフスタイルに合わせたFX取引が可能です。FX取引は、昼夜問わずいつでも取引ができるため、サラリーマンや主婦など、忙しい方でも自分のライフスタイルに合わせて取引ができます。

24時間取引のリスク

スプレッドが広がる
時間帯によって市場の流動性が大きく異なるため、流動性の低い時間帯はスプレッドが広くなり、不利な価格で取引する可能性がでてくる。
情報収集が難しい
FX市場は、世界中の金融機関が参加するグローバルな市場。
24時間常に経済ニュースをチェックする必要があり、情報収集が難しいという側面もある。
精神的な負担が大きい
24時間いつでも取引できるということは、常に市場動向に気を配る必要があり、精神的な負担が大きくなる可能性がある。
誤発注のリスク
24時間取引は、夜間や早朝など、集中力が低下しやすい時間帯にも取引ができる。
誤発注のリスクにつながる。
市場の変動性
FX市場は絶え間なく変動し、特にメジャーFX市場がオープン・クローズする時間や重要な経済ニュースなどの時は、ボラティリティが急激に増加することがある。
過剰取引の誘惑
FX市場が常に開いていることで、過剰な取引や衝動的な取引をしてしまうリスクがある。

FXの24時間取引は、リスクを理解した上で、しっかりと戦略を立てることで、リスクをうまく回避することはできます。リスク管理を徹底し、自分に合ったFX取引スタイルを見つけることが、24時間取引で成功するためのカギとなります。

FXの取引が休場するのはいつか?

  • FX市場は基本的に週5日、24時間取引が可能。
  • 休場は主に週末(土日)と特定の国の祝日に限られる。
  • 週末は全市場が、祝日は関連国の市場が休場となる。

土日の週末はFX取引は休場する

  • 日本時間の土曜日の朝7時から月曜日の朝7時まで休場。

平日は世界中のメジャー金融市場が開いているため、基本的には24時間・週5日間の取引が可能です。

しかし週末の土日は、世界のメジャーな金融市場がクローズします。

たつ
たつ

週末前の金曜日の市場終了時には、ポジションを整理するトレーダーも多いんだね。

土日は基本、FX市場はほぼ休場するのでトレードはできません。

祝日におけるFX取引は休場する場合がある

祝日は、特定の国の市場が閉まることがある。FX取引が休場になるかどうかは、各国の祝日の状況によって異なります。

例えば、、、
  • アメリカの独立記念日や感謝祭はニューヨーク市場は休業します。このとき、USDを含む通貨ペアの流動性が低下する可能性がある。
  • イギリスの銀行休業日などの場合、ロンドン市場は休場します。このとき、GBPを含む通貨ペアの流動性が低下する可能性がある。
  • 日本は、「建国記念の日」・「憲法記念日」などが該当。ただし、他の国の市場が開いている時間帯は取引可能
はじめ
はじめ

土日と違い、FX市場全体が休場となるわけではありません。、影響を受ける通貨ペアの取引量や流動性が減少しますので通常のトレードより動きに注意が必要です。FX業者のホームページなどで、最新の休場情報を確認するようにしましょう。

年末年始は休場する

1月1日(元日)は、世界中で祝日とされ市場が休場となるため取引はできません。トレーダーはポジションを整理し、新年に備えた方が良い。

また、元日以外であっても年末年始は流動性が大きく低下します。相場が急変動する可能性が高く、スプレッドも拡大する傾向があるなどリスクが高いため、年末年始の取引は控えた方がよいです。

はじめ
はじめ

年末年始は、世界の多くの市場が休業するため、FX市場も休場となります。この期間は、市場参加者が少なく、流動性が大幅に低下するため、多くのFX業者は取引を停止します。

休場中の注意点

ポジションを持ち越さない
休場前にポジションを解消しておくことで、市場オープン時の大きな値動きによるマイナスを避けることができる。。
スワップポイントは発生しない
休場中はスワップポイントは発生しません。
経済指標発表など、市場に影響を与えるニュースがある場合
休場中に経済指標発表など、市場に影響を与えるニュースがあった場合、翌日の市場オープン時に大きな値動きが発生する可能性がある。
はじめ
はじめ

休場する前にトレーダーの多くはポジションを持ち越さないようにしているます。それだけFX市場開けのリスクが高いことがうかがえます。

季節的要因によるFX取引時間について

季節要因により、FX取引時間は年に数回変動します。特に夏時間と冬時間への切り替えにより、メジャーなFX市場のオープン・クローズ時間が変わるため、トレーダーは注意を払い、戦略を調整する必要があります。
夏時間と冬時間への切り替えやクリスマス時期は、特にアメリカやヨーロッパのFX市場に影響を与えます。FX取引戦略に影響を及ぼすため、トレーダーは価格・時間変動を把握し、適応する必要があります。

夏季時間と冬季時間は取引時間が変わる

FX取引時間は、一般的には週5日、24時間の取引が可能ですが、季節的要因によって時間変動します。

アメリカ・ヨーロッパの場合は次のように夏時間と冬時間で変わります。

  • 夏時間は、3月~10月/11月。
  • 冬時間は、10月/11月~3月

取引できる時間は標準時間が月曜日7時~土曜日7時とした場合、夏時間・冬時間は次の通り変わります。

項目(日本時間表記)夏時間冬時間
オープン時間毎月曜日の午前7時毎月曜日の午前7時
クローズ時間毎土曜日の午前5~6時毎土曜日の午前6~7時
なな
なな

この時間変動は主に、夏時間(デイライト・セービング・タイム=サマータイム)と冬時間への切り替えによるものよ。

夏時間
夏時間(サマータイム)は、日光をより有効に活用するために一部の国々で使われている時間です。
FX市場の取引時間帯が変更されます。特に、アメリカやヨーロッパの市場が夏時間を採用しているので、FX市場のオープン・クローズ時間が通常よりも1時間早まります。
冬時間
夏時間が終わり、冬時間に戻る際も同様に、FX市場のオープン・クローズ時間が通常に戻ります。この切り替えにより、特にアメリカやヨーロッパ市場での取引時間が変動します。

クリスマスは営業時間を短縮もしくは休場することが多い

クリスマスは12/25が休み

日本では、クリスマスは祝日ではありませんが、欧米諸国では一般的に12月25日が祝日となり、FX市場も休場となります。 日本国内のFX業者も取引スケジュールは欧米に準じているので、12月25日が平日であっても欧米のクリスマスの影響を受けて、取引時間がイレギュラーになります。

個人に合わせたFX取引時間と戦術の選択方法

FXは24時間取引できるので、個々のライフスタイルや取引スタイルに合わせた柔軟な取引をすることが重要です。市場の時間帯ごとの特性を理解し、自分の取引スタイルに合った戦術を選ぶことで、リスクを管理し、成功の可能性を高めることができます。

取引戦略は次の通りです。

  • スキャルピング戦略
  • デイトレード戦略
  • スイングトレード戦略

取引時間および取引戦略を選ぶ基準は次の通りです。

取引時間の選び方
生活リズムに合わせる
日常生活を考慮して、取引の最適な時間を見つける。
例えば、昼間は仕事で忙しい場合、東京市場の早朝、もしくはロンドン・ニューヨーク市場の夜間取引が適している可能性がある。
市場の活動性を考慮する
FX市場の活動性は時間帯によって異なる。
例えば、東京市場は比較的穏やかな動きが多いのに対し、ロンドンやニューヨーク市場のオープン時は活動性が高まりやすい。
取引戦略の選び方
短期取引か長期取引を選ぶ
短期取引は、日中の小さな価格変動を利用する戦術。
長期取引は大きなトレンドに基づき、数日から数週間、またはそれ以上の期間にわたってポジションを保有する戦術。
どちらのスタイルが自分に合っているか、実際に取引をしながら認識が必要となる。
スタイルに合わせた戦術の選択
積極的な取引を好むのであれば、デイトレード戦術やスキャルピング戦術が適している。
分析に基づいてゆっくりとした取引を好むなら、スイングトレード戦術が良い。
たつ
たつ

FX取引時間を上手く活用することで、より効果的な取引戦略を立てられるね。

例えば、市場のボラティリティが高まる時間帯を狙って短期取引を行う、あるいは特定の通貨ペアが安定している時間帯を利用して長期ポジションを持つなど、取引スタイルに合わせた戦略を練ることができるよ。

スキャルピング戦略と時間帯

スキャルピングは、短期的な値動きを利用して利益を得る戦術です。

数秒から数十秒程度の短い時間軸で取引を行い、小さな利益を積み重ねていきます

流動性が高く、スプレッドが狭い時間帯を選ぶことが重要となります。特に、ロンドン・ニューヨーク市場の時間帯は、市場参加者が多く、流動性が高く値動きが活発になるので狙い目です。

スキャルピング戦術のメリットとデメリットを解説します。

メリット
デメリット
  • 短時間で利益を得られる可能性がある。
  • 少ない資金で始められる。
  • 常にチャートを監視する必要がある。
  • ストレスが溜まりやすい。
  • 損失が膨らみやすい。
はじめ
はじめ

経済指標発表時は市場心理が変化し、値動きが大きくなるため、スキャルピングチャンスが発生しやすいですが、相場がどう動くか全く予測できないので、トレードはおすすめしません。

経済指標発表後、にトレードすることで比較的値動きがある中で安定的にトレードすることができます。

デイトレード戦略と時間帯

デイトレードは、1日の間にポジションを持ち越さずに取引を行う戦術です。数分から数時間程度の時間軸で取引を行い、スキャルピングよりも大きな利益を狙います。

為替市場全体のトレンドを把握することが重要です。東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場が開いている時間帯は、デイトレード戦略に適しています。相場を見極めて、トレンドが発生しやすい時間帯を狙うことで、効率的な取引が可能になります。

デイトレード戦術のメリットとデメリットを解説します。

メリット
デメリット
  • スキャルピングよりも大きな利益を狙える。
  • 経済指標発表などのニュースを分析して取引できる。
  • チャート分析などのスキルが必要である。
  • 時間的な制約がある。


スイングトレード戦略と時間帯

スイングトレードは、時間的な制約が少なく、忙しい方でも取り組みやすい手法です。

数日から数週間といった比較的長い時間軸で取引を行うためです(中長期的なトレンド分析に基づいて取引)。

日々の値動きに一喜一憂する必要がなく、時間的な制約が受けづらい特徴を持ちます。


FX市場が比較的落ち着いている時間帯の方がトレードがしやすいです。短期的な誘惑に惑わされず、中長期的な視点で分析する必要があります。東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場が開いている時間帯は、スイングトレード戦略に適しています経済指標発表前後のトレードは向いていません

スイングトレード戦術のメリットとデメリットを解説します。

メリット
デメリット
  • 短期的な値動きに振り回されない。
  • 少ない時間で取引できる(比較的忙しくても取引しやすい)。
  • トレンド分析スキルが必要。
  • 資金拘束期間が長いため、不安になりやすい。
はじめ
はじめ

スイングトレ―ドは、取引回数が少ない分、時間のあまり縛られない戦術です。忙しい方には向いている戦術と言えます。

FX以外の投資取引時間の比較

FXは、他の投資と比較して、次の特徴があります。

  • 平日24時間取引できるので非常に取引時間が長い。
  • 世界中の市場で取引されているので、流動性が高い。
  • 経済指標発表など、市場心理に影響を受けやすい。

FX市場は、株式市場に比べて取引時間が長く、暗号通貨市場と比べるとやや短いです。株式市場は国による標準的な労働時間内に限られ、暗号通貨市場は最も取引時間が長く、また流動性や価格の変動も大きい特徴があります。投資家は、それぞれの取引時間のメリットとデメリットを理解し、自身の投資スタイルに合った取引方法を選択することが重要です。

はじめ
はじめ

では、FXと別の投資である株や暗号通貨についてみていきましょう!

株と比較

株は企業の業績分析など、ファンダメンタルズ分析が有効です。

FXと株との比較は次の通りです。

FX
  • 平日24時間取引可能。
  • 土日祝日、年末年始は休業。
  • 取引時間が長い。
  • 流動性が高い。
  • 価格変動が激しい。
  • 短期間で利益を狙える。
  • 平日9:00~15:00(前場)、15:30~17:30(後場)の取引。
  • 土日祝日、年末年始、証券取引所が定める休業。
  • FXよりも取引時間が短く、流動性が低い時間帯もある。
  • 取引時間が短い。
  • 流動性が時間帯によって異なる。
  • 企業業績に左右される。
  • 長期的な資産形成に適している。
  • 夜間の取引ができない。

株は夜間取引はできませんが、長期的な資産形成に適しています。企業の業績が良い期間が続くと利益が出やすいので、FXよりリスクは低めです。

暗号通貨(仮想通貨)と比較

「暗号資産(仮想通貨)」とはビットコインなどブロックチェーン技術を使ったインターネット上でやりとりされる通貨です。

FXと暗号通貨(仮想通貨)との比較は次の通りです。

FX
暗号通貨(仮想通貨)
  • 平日24時間取引可能。
  • 土日祝日、年末年始は休業。
  • 取引時間が長い。
  • 流動性が高い。
  • 価格変動が激しい。
  • 短期間で利益を狙える。
  • 24時間365日取引が可能。
  • 匿名性が高い、新しい技術への投資が可能。
  • 価格変動が激しい、規制が未発達。
  • セキュリティリスクがある。
はじめ
はじめ

暗号通貨(仮想通貨)は、FXと同様に24時間取引ができます。また、休場はありません。ただし、まだまだ新しい技術なのでセキュリティリスクがあるので、取引には十分注意が必要です。

FX取引時間で気を付けるべき時間帯について

FX市場のオープン・クローズの時間帯は為替変動が大きいので、取引を控えるなどのリスク管理が重要となります。
重要なイベントの日、月曜日のオープン時、金曜日のクローズ前に特に注意が必要です。これらの時間帯は市場のボラティリティが高まり、予期せぬ価格変動が発生しやすくなるため、慎重なリスク管理が求められます。

なな
なな

FX取引前に、最新情報や経済指標を確認する習慣を身につけるといいわよ。

重要なイベントと市場の影響

各イベントについてまとめます。

経済指標発表
米国雇用統計、GDPなど、市場に大きな影響を与える指標発表前後。
市場心理が変化し、値動きが大きくなる可能性がある。
政治経済情勢
選挙、金融政策変更、テロなどが起きた場合、市場心理に影響を与え、値動きが大きくなる可能性がある。
年末年始
FX市場参加者が減少、もしくは市場自身が休場する。
流動性が低下し、値動きが大きくなる可能性がある。


重要な経済イベントや政治イベントの時は、ボラティリティが高まり、価格変動大きくなる傾向があります。これらの時間帯は、通常よりもリスクが高まるため、FX取引を控えるか、リスク管理を徹底することが重要となります。

月曜日は窓開けしやすい

土日はFXの取引ができないといっても、為替相場は動いています。

災害や金融ショックなど、週末に大きなニュースや経済指標発表の影響が発生すれば、週明け月曜日に「窓開け」が発生する可能性があります。

窓開けとはギャップとも呼び、チャートの間に隙間ができる現象です。週末に市場が大きく動いた場合、月曜日の始値は週末の終値と大きく異なる場合があります。

はじめ
はじめ

窓開けが発生した場合、トレンドが継続する可能性もあるため、リスク管理はより慎重にする必要があります。

金曜日は相場が荒れやすい

金曜日は相場が荒れやすいと言われる理由は次の通りです。

米国雇用統計
毎月第一金曜日には、米国雇用統計の発表があり、全世界の投資家たちが注目している経済指標のため、相場が荒れやすい。
FX相場が急変動する可能性もあるので、雇用統計前にポジションを決済する投資家たちも多い。
週末・週明けにリスクを抱えたくない
土日にポジションを保有したくないと考えている投資家も多いため、金曜日はポジション調整が入りやすい。
FXにおけるポジション調整とは、保有ポジションを決済することである。
週明けの市場動向を予測し、ポジション調整を行う。
金曜日は取引できる最終日なので、通常よりもスリッページ(注文価格と約定価格の差)が大きくなる可能性がある。
はじめ
はじめ

金曜日は土日が休場になるので、休場前に取引の動きが活発になりがちです。価格変動が大きいので、リスク管理をしっかりやる必要があります。

FX取引時間に関するよくある質問5選

FX取引で休場日にポジションを持ち越す際の注意点はありますか?

取引状況によてはマイナススワップポイントが発生し、資金負担が増える可能性があります。

週末など、市場が閉鎖している間に世界情勢によっては値動きが大きくなり、リスクが高まります。

ポジションの持ち越しには、リスクがあるので証拠金が必要となります。

FXでやってはいけない時間帯はありますか?

流動性が低く、スプレッドが広がる時間帯は避けたほうが良いです。

月曜日の市場開け6時~7時などです。

経済指標発表前後など、市場が不安定な時間帯は注意が必要です。

個人のライフスタイルで余裕がない時は無理に取引しない方が良いです。

自分が取引できる時間帯が稼げる時間帯かどうか、知る方法はありますか?

過去チャート分析を行い、値動きの傾向を把握して、各通貨ペアの時間帯ごとの特徴を理解してください。

デモトレードで実際に取引を試してみる方法が良いです。

大きな労力をかけずにFXで利益を獲得することは可能ですか?

自動売買ツールなどの活用を検討してください。

実際に自動売買を行っている結果がありますので、一度読んでみてください。

また、こちらは色々なサイトや実際に自動売買ツールを使った中で良かったFX証券会社を3つ解説していますので、こちらもぜひ読んでください。

11サイト比較!初心者もはじめやすい

長期的な視点で、スイングトレードを行うを行うことも有効です。

FX取引のおすすめ取引時間はありますか?

個人によって異なるため、一概には言えません。

欧米市場や米市場は市場流通性が多いので、活発な取引が可能となり、おすすめです。

経済指標発表前後など、市場が動意づきやすい時間帯は値動きが激しいので取引はやめた方が良いです。

まとめ:FXをやるなら取引時間を味方につけよう!

FX取引時間については、次のことが言えます。

  • 24時間取引ができる。
  • メジャーなFX市場は、「日本市場」・「ニューヨーク市場」・「アメリカ市場」であり、それぞれの時間で通貨ペアの価格変動に違いがある。
  • 流動性は取引時間帯に影響するが、流動性が高い時間帯はスプレッドは狭くなる傾向である。
  • 取引時間によって、通貨ペアのボラティリティも変わる。
  • FXは土日の週末は取引が休場する。
  • 週明けの月曜日や週末の金曜日は窓開けや価格変動が大きくなりやすい。
  • FXは年末年始は休場する。
  • FX取引時間による戦略は、「スキャルビング」・「デイトレード」・「スイングトレード」の3つの手法がある。
  • 米国雇用統計などの経済指標や政治経済情勢があった場合は、相場が荒れるのでトレードは控えた方がよい。

サクッと中身を知りたい方は、動画を聞いてみてください。

注意)一部AIを使って動画の編集をしていますが、コンテンツ自体は当ブログ記事のまとめとなります。
たつ
たつ

FXの取引時間を理解することで、自分のライフスタイルに合わせた取引が可能となるね。

限られた時間の中で、効率的にFX取引をするために、メリット・デメリットの時間帯を見つけ、リスクの高い所ではFX取引をしないようにしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次